この記事では、そのコンテンツのコラッツ 数列について明確にします。 コラッツ 数列について学んでいる場合は、universitiescaribbean.comこの解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】の記事でコラッツ 数列を分析してみましょう。

解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】新しいアップデートのコラッツ 数列に関する関連情報の概要

下のビデオを今すぐ見る

このWebサイトUniversities Caribbeanでは、コラッツ 数列以外の他の情報を追加して、より価値のあるデータを自分で提供できます。 ウェブサイトUniversities Caribbeanで、私たちは常にあなたのために毎日新しい正確な情報を更新します、 あなたに最も正確な知識に貢献したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上の情報をできるだけ早くキャプチャできるのを支援する。

トピックに関連する情報コラッツ 数列

数学の未解決問題に1億円の賞金がかけられ、コラッツ問題が話題になった。 一見、簡単そうに見えて、だからこそ楽しくも悪くも。 #shorts ■STARDY徹底基礎講座の詳細はこちら ■最強学習アプリ「リング」のダウンロードはこちら ↓ iOS版 Android版 ■STARDY公式グッズの購入はこちら ■LINE公式「世界の革命家」はこちら脳と教育 河野道元」 東大医科大学在学中に司法試験一発合格 脳王連覇 初の著書『簡単な勉強法』()はタイ語・繁体字に翻訳されている■SNS 河野玄人 :Luke(編集者等) :Stardy 公式 :コラボに関するお問い合わせ先やプロジェクトについては、公式TwitterのDMまでご連絡ください。

一部の画像はコラッツ 数列の内容に関連しています

解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】
解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】

読んでいる解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】に関する情報を表示することに加えて、universitiescaribbean.comを毎日更新する他の多くのコンテンツを調べることができます。

ここをクリック

コラッツ 数列に関連する提案

#解けたら1億2000万円の未解決問題コラッツ予想。

河野玄斗,こうのげんと,げんげん,東大医学部,頭脳王,神授業,Stardy,数学,受験,東大医学部の神脳,神脳。

解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】。

コラッツ 数列。

コラッツ 数列に関する情報を使用して、UniversitiesCaribbeanが更新され、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 Universities Caribbeanのコラッツ 数列の内容を見てくれてありがとう。

42 thoughts on “解けたら1億2000万円の未解決問題【コラッツ予想】 | コラッツ 数列に関するすべての文書が最も正確です

  1. チキンナ、ゲットだぜ!! says:

    いっけん簡単そうに見えるけど
    だって、この問題の場合、3倍して1をたすのは奇数だけなので、3倍して1を足して偶数になる数は最初から偶数なのと同じなので、3倍して偶数になる数しか奇数側になれない。
    後で全部割るから、全ての数は最初の数に収束するはずだ。
    可能性があるとすれば、3倍して1を足しても奇数になる奇数だけ。
    つまり、3倍したら偶数になる奇数だけ。
    つまり、3倍したら偶数になる奇数があるかどうかだけ調べれば良い。
    1の位は、掛ける数がお互いどんなに大きくても、お互いの1の位をかけた数にしかならない。掛ける側が100の100の位の1ならば、掛けられた側の1の位は答え側は100の位になる。なので、掛け算の答えの1の位は、1の位同士の掛け算しかありえない。
    なので、3倍したら偶数になる1桁の奇数を探せば良いだろ。
    違うのか?
    …いや、違うな
    どんな奇数でも3倍しても偶数にならないと言う証明をしなければならないな。
    …と言うか、違わなくね?1の位は3倍しても1桁の数を3倍したのと変わらないだろ。
    スーパーコンピューターとか必要無いだろ。なんでこんなものに1億円かかってるんだ?
    むしろその理由を知りたい。
    そっちの方が興味あるけどな。
    あれだ、もしその数が発見された場合、現実世界のバグが発見されたに等しい。もしかしたら、そこから異次元空間にエコロジーに侵入出来る可能性がある。
    と言うか、整数である必要性も無いよな。小数点以下はほぼ整数と変わらんし。分数は変わるけど、むしろ分数を使えば良いのでは。
    まぁ、奇数を割らないから分数を使う意味も無いからなぁ…

  2. だいふく says:

    ゴールドバッハ予想みたいな理解するのは容易くても証明が難しいみたいなやつ大好きだぜ

  3. ぱちゃーま111 says:

    奇数+奇数は偶数になり、偶数+奇数は奇数となり、+1をすると偶数になり、÷2をすると偶数か奇数になっていって、それでどんどん小さくなる。(間違ってたらすみません)

  4. 金沢 says:

    私は真に驚くべき証明を見つけたが、それを記すにはこのコメント欄は狭すぎる

  5. da sawa says:

    奇数*奇数は8の倍数足す1になるということが少しでも関係あるような気がしますが…

    まだほんの少しの数でしか確かめていないので、確実とは言えなくて、おそらくですが、奇数*3をすると、4の倍数との差が1になります。これも関係がある気がします。

    そして、奇数の中でも3をかけて1を足すと4の倍数となる整数にはa、3をかけて1を足すと4の倍数–1となる整数にはb、3をかけて1を足すと4の倍数+1になる整数にはcという名前をつけた場合、aはそのまま割っていけばいいですね。で、bとcに3をかけて1を足すと絶対に偶数になります。この4つ(偶数の場合は2で割るというのも1つとして)を繰り返していけば、必ず1になるのです。まだ小学生ということもあり、説明が分かりにくいです。すみません。😅
    どなたかこの式を他の確実とされている定理を交えてでも良いので、分かりやすく、証明という形で説明できる方はいないですかね?分かりやすく説明してもらえると嬉しいです。

  6. 。りんくん 。 says:

    最終的に2^nの形に持っていくってことなのはわかったけど、そこで終わった😂

  7. ああ says:

    3垓まで正しいならそれもう正しいでいいんじゃないか 量子コンピュータなら1不可説不可説転まで計算できるのかな

  8. キョーカ says:

    こういうほぼ無限にあるやつって
    どこまでやったら解けた判定になるの…?

  9. ジェス says:

    入試で出たら、普通に帰納法でいけそうだなって思って手をつけてしまいそうだ。

  10. あん🌈 says:

    こらっ!って言うとすごく強そうに見えるので、命題は真であることが示された

  11. John Hunter says:

    私はこれに対して素晴らしい解答を見つけることができたが、それをここに書き記すのは面白くないので、次の機会に書くことにしよう。

  12. 雅久 says:

    3倍するから面倒なだけで0で割って+1すれば1になる。
    どんな整数に1足しても奇数になるし、奇数に1足しても整数になる。

    0が邪道なら等倍でも問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です