この記事の内容はヘンリー の 法則 と はを中心に展開します。 ヘンリー の 法則 と はを探しているなら、この【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!の記事でこのヘンリー の 法則 と はについてUniversities Caribbeanを明確にしましょう。

【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!のヘンリー の 法則 と はに関連するコンテンツの概要最も正確

下のビデオを今すぐ見る

このUniversities Caribbeanウェブサイトを使用すると、ヘンリー の 法則 と は以外の知識を更新して、より価値のあるデータを自分で取得できます。 ウェブサイトUniversitiesCaribbeanで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を更新します、 あなたのために最も正確な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上に知識を追加することができます。

ヘンリー の 法則 と はに関連するいくつかの内容

今回は化学でちょっとややこしいヘンリーの法則を解説してみました。 音量と圧力の関係を理解し​​てマスターしてしまえば結構簡単だと思いますので、マスターしていきましょう! ! また、学生に有益な情報や学習動画を無料で配信するため、広告掲載の許可をお願いしております。 今後ともよろしくお願いします。 こちらからよろしかったらチャンネル登録よろしくお願いします。 Twitterアカウントも作りましたのでよろしくお願いします。 ここで見たい動画を教えてください。

ヘンリー の 法則 と はに関する情報に関連するいくつかの写真

【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!
【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!

あなたが見ている【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!に関するニュースを学ぶことに加えて、universitiescaribbean.comが毎日下のUniversitiesCaribbeanを公開するより多くのトピックを検索できます。

詳細はこちら

ヘンリー の 法則 と はに関連するいくつかの提案

#化学ヘンリーの法則を理解ヘンリーの法則を使いこなそう。

化学,ヘンリーの法則。

【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう!。

ヘンリー の 法則 と は。

ヘンリー の 法則 と はについての情報を使用して、universitiescaribbean.comが提供することで、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 universitiescaribbean.comによるヘンリー の 法則 と はに関する記事をご覧いただきありがとうございます。

35 thoughts on “【化学】ヘンリーの法則を理解!ヘンリーの法則を使いこなそう! | 最も関連性の高いすべてのドキュメントヘンリー の 法則 と は

  1. 抹茶ダニエル says:

    ある圧力で気体を溶かして、それを仮に外に取り出した時に、さらに与えられた圧力下でどのくらいの体積なのかっていうことを聞かれてたのか。なるほど納得!

  2. めい says:

    なぜ初めにその圧力下という言い方をしたのか分からない
    平衡下だったら分かるけど

  3. マニア says:

    セミナーの解説だけ見て分からなくてきたけど説明がわかりやすくて自分の言葉で整理できた。ありがとうございました。

  4. k. k. says:

    スタサプのトップハイ化学やってたらこのひっかかりやすいとこもやってたね

  5. Noooou says:

    東北大学の2020の化学 大門1 問2 (2 は温度を変えて換算するのですがこれは考慮しないのですか?
    どなたかわかる方お願いします

  6. 秋田犬の飼い主はアメ様 says:

    1Pa→2Paの時水に溶ける溶質も1g→2g しかし、
    2Pa→1Paの時水に溶ける溶質は2g→1gにはなりません。
    一段階目P・V=nRT→P=nRT/V=2nRT/2V
    二段回目P・V=nRT→P・2V=2nRT/V
    より最終的に2V

  7. taku says:

    参考書や他サイトの解法を見ていると標準状態のものは全て22.4L/molを使って解いていて状態方程式で解いた場合と誤差が生じるのですがどれが正しいのでしょうか。本番でそんなしょうもない誤差で×にされたくないのです。どちらの答えでも○をもらえたりするんですか?

  8. 山口陽平 says:

    二酸化炭素は水にやや溶けるのに、
    ヘンリーの法則は成立つのですか?

  9. Ca says:

    化学ぼろくその私でもわかりました。理論化学ほんとに苦手なので助かりました。ありがとうございます!

  10. ちゃかまる13 says:

    やっぱりなんで同じ圧力なのに体積が変化するのかわからない…(馬鹿)

  11. アルレルト says:

    前理解できなかったけど、久しぶりに見たらめっちゃわかりやすかった、、

  12. リナリア says:

    その圧力下で、というのが状態方程式で表すとわかりやすかったのですね!問題文の条件と問われている1.0×10五乗Paの違いがわからなかったのですが、molで解いた時物質量が違うと話されててやっと理解することができました。ありがとうございます!

  13. ランディ says:

    よくあるミスで取り上げてるところが、もうまさに今ずっと「え、なんで?」と思いつつそういうものだとして無理やり解いてた所で、心臓跳ね上がるくらい感動しました…理解出来ましたありがとうございます!

  14. pipi says:

    ネットのどこのサイト見てもわかりませんでしたが、これでわかりました!!!!本当に本当にありがとうございます!友達に宣伝します!笑

  15. says:

    とても分かりやすいです!
    苦手だったけど理解できました!
    ありがとうございます!!!

  16. たんぼ says:

    溶けてる気体の圧力を等しいとしていいのか。なるほど。
    感覚的には平衡状態から変えた瞬間に溶けてる物質量は変わることができない代わりにその溶けてる物質の体積を変えようとしててその体積がいくらかということか。

  17. ハシビロコウ says:

    感覚としては、最初に置かれた状況では飽和じゃないから、飽和のときから考えるってことで合ってますか?

  18. でぃーけーがむや says:

    はぁぁぁぁぁ!!!!

    理解してるか確認できましたありがとうございやす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です