記事のトピックはパラドックス ジレンマについて書きます。 パラドックス ジレンマを探している場合は、UniversitiesCaribbeanに行き、この【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】の記事でパラドックス ジレンマを分析しましょう。

【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】新しいアップデートのパラドックス ジレンマに関連する内容の概要

下のビデオを今すぐ見る

このUniversities Caribbeanウェブサイトでは、パラドックス ジレンマ以外の知識を更新することができます。 ウェブサイトUniversities Caribbeanでは、毎日新しい正確な情報を常に更新します、 あなたに最高の価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上の情報をできるだけ早く更新できる。

パラドックス ジレンマに関連するいくつかの情報

全知全能が最強? 最弱? ウィリアム・ニューカムが考案した思考実験を取り上げながら、そこに秘められたパラドックスやパラドックスを分かりやすく解説します。 ゼロ知識からわかる一連の思考実験。 ゲーム理論における「優越原理」と「期待効用原理」の妥当性、自由意志と決定論の対立、タイムトラベルのパラドックス、全知の状態とは? (全知のパラドックス)、シミュレーションや近道探索、思考実験など魅力的な問題が満載。 参照: ロバート・ノジック (1969)。 「ニューカムの問題と選択の 2 つの原則」(PDF)。 レッシャー、ニコラス(編)。 カール・G・ヘンペルに敬意を表してのエッセイ。 スプリンガー。 ガードナー、マーティン (1974 年 3 月)。 ゲーム”. Scientific American. p. 102. 彼の著書 The Colossal Book of Mathematics W. Poundstone,”Labyrinths of Reason: Paradox, Puzzles, and the Frailty of Knowledge” に補遺と注釈付きの参考文献を付けて転載. 1989 , 青土社 (2004) )[Slow Commentary]思考実験シリーズ◎ プレイリスト:GACKT哲の哲学史シリーズ ハイデガーの「存在と時間」入門シリーズ ヴィクトール・フランクルの哲学シリーズ GACKT哲のスロー解説動画 情報技術者試験対策動画:スロー解説 グルメ探検隊![Slow Commentary]カントの哲学入門 通信制大学プレイリスト 哲 GACKTの哲学史シリーズ 情報技術者試験対策動画:資格対策動画:大学入学共通テストシリーズ ◎GACKT哲への質問はこちらから Twitter:マシュマロ(匿名質問):ブログ:使用BGM素材 Knock on NOX Ys IX -Monstrum NOX- Original Soundtrack Copyright© Nihon Falcom Corporation ※このBGMはファルコムミュージック自由宣言に基づいて使用しています。 #スローコメンタリー #パラドックス #思考実験

一部の画像はパラドックス ジレンマのトピックに関連しています

【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】
【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】

視聴している【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】のコンテンツを追跡することに加えて、UniversitiesCaribbeanを毎日公開する他のトピックを読むことができます。

今すぐもっと見る

パラドックス ジレンマに関連するいくつかの提案

#ゆっくり解説ニューカムのパラドックス #全知のジレンマ思考実験哲学ゲーム理論。

思考実験,ゆっくり,ゆっくり解説,パラドックス,ニューカムのパラドックス,シュミレーション,全知のパラドックス,確率,ゲーム理論,効用の原理,哲学系Youtuber,哲GACKT。

【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】。

パラドックス ジレンマ。

パラドックス ジレンマの内容により、Universities Caribbeanがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 UniversitiesCaribbeanのパラドックス ジレンマについての知識をご覧いただきありがとうございます。

39 thoughts on “【ゆっくり解説】ニューカムのパラドックス 全知のジレンマ【思考実験・哲学・ゲーム理論】 | 関連情報の概要パラドックス ジレンマ新しい更新

  1. 朱音奏 says:

    某『1,001,000ドル貰えるんだが。俺の名前か?さあな。みなは俺のことをラプラスの悪魔と呼ぶぜ』

  2. ゆっくりで聞く古典落語と創作小話ch says:

    仕事柄、自由意志については色々と考える事が多いので、取り上げている動画を探して見てみます。ミリオネア懐かしいですね。

  3. egothefly says:

    ん、何で?何を悩むのか分からん。得をしたいなら普通にBの箱を選んで100万ドル貰うけど。あらかじめ自分の選択に対して得られるものを神は親切に提示してくれてるのと同じことだよね?Bだけ選べば100万ドルを入れといてくれるって話なんじゃないの?神の予測を信じなかったり裏をかこうとするからパラドックスが生まれてるだけで。素直に信じれば良いんだよね?俺アホなんかな。

  4. トトマサ says:

    もしも本当に相手が全知の予測者なら
    この問題、満額貰えるようにしか思えないんだけどなぁ、

  5. Chihaya Haruka says:

    8:44「選択肢2の箱Aと箱Bの両方を選ぶべき」→「選択肢1の箱Aと箱Bの両方を選ぶべき」

  6. 島村丈 says:

    3  部屋から逃げ出す。絶対怪しい宗教団体の罠。どんな結果だろうが洗脳されて金奪い返されて捨て駒にされて人生積んでおわりw

  7. 田中実 says:

    過去を変えることができないのだから両方の箱を選ぶ方が得なのは明らかです。両方を選んだ時Bに入っていないのであれば、Bのみを選んだ場合にも入っていないのです。

  8. MST-0912 HAL says:

    日曜日の100日後って火曜日じゃない?
    100÷7=14….2
    で2日進めるなら火曜日だよね?
    わからなくなってきた

  9. 鴨土門 says:

    前提条件を素直に受け取れば、選択肢1だと「千ドル」または「百万千ドル」、選択肢2だと「百万ドル」となる。
    これで選択肢1を選ぶというのは、百万ドルを支払って千ドルか百万千ドルを受け取るくじ引きをするようなもの。
    99万9000ドルの損失の可能性と1000ドルの利益を確率が提示されていない状態で選ぶのは愚策と言わざるを得ない。
    もっとも世の中にはこの愚策を選択し、たまたま百万千ドルを得て「勝ち組」などと名乗る輩もいるのだが。

  10. yama zun says:

    1000ドルか100万ドルあげるよって言ってるのと同じよな?
    みんな100万ドル選ぶだろうから俺でも100%予想できるぞ。

  11. Ono Tomi says:

    ゲーム理論っていうより、ただのベイズ更新後の期待値変化な気がするんだけど(高校数学)

  12. Big Brother says:

    全知なんだからAを選ぶ時点で1000ドル確定、Bを選ぶ時点で100万ドル確定じゃないん?
    絶対B選んだ方が得やん

  13. m h says:

    シュミレーションするのなら、魔理沙とか地球とか
    ちっぽけな単位でコピーしちゃダメじゃね?
    影響しうるすべての要素、つまり宇宙全体を完全にコピーして行わないと・・・

    てか丁半選んだ後に、サイコロの出目をこっそり変えるイカサマみたいな問題
    だから期待値とか真面目に計算する必要がないような・・・

  14. suzume fukurou says:

    全知の予測者の全知に不安があるのなら、分かりやすく「Bだけを選ぶよ」と宣言してやればよくないか?
    じゃんけんでグーを出すよと宣言するのと違って、予測者との間に利益の相反がないのなら成立するだろう。

  15. 水無月麗羅 says:

    選択肢2以外思いつかない。

    「全知」について現在の人間が定義を思考する意味が分からない。「全知」は「全知」であってすべてが分かっている。自分が選んだ方が「全知」の結果になる。自分が選ぶ方を予想できていないならそもそも「全知」じゃない。1を選べば1が予測されているし、2を選べば2が予測されている。

    カオス理論やバタフライエフェクトだろうがどんなに細かかろうが地球規模や人間一人を完全に予測するのは未来では決して不可能ではないのでしょ。地球ごとシミュレートだって数百年後に人類がいたとして、絶対不可能とは言えない。

  16. ずんだまにあ says:

    全知の存在のパラドックスは、全ての知識の総量が有限である場合にパラドックスが発生する
    例えばタイムパラドックスが発生するから全てを予測することは不可能と考えるなら、それはタイムパラドックスを発生させてはいけないという有限の知識で自己完結してしまっているからであって
    全知の存在が無限の知識を持つのであればタイムパラドックスを生じても世界を成り立たせる方法を知っているはずなので、全知の存在はタイムパラドックスを問題としない

    これは全知の存在という仮定に認識のズレが生じているから発生している議論だと思う
    ・全知の存在にパラドックスが発生すると考えるなら、知識の総量が有限であると証明しなければならない
    ・全知の存在にパラドックスは発生しないと考えるなら、知識の総量が無限であると証明しなければならない
    解決する方法はこのどちらかと考えられるので、全知の存在を仮定する前にまず知識が有限か無限かを先に定義するべき

  17. やまはら says:

    アホやからわからんねんけど、ポーカーでロイヤルストレートフラッシュが出たからと言って勝負に出て良いとは限らないって言ってるようなもんよな?
    そのゲームがポーカーじゃない可能性も考慮しようぜみたいな。

  18. みっちょル2 says:

    これって予測者が選択ではなく思考を予測するってところがあるから問題が難しくなってる気がするね。

    もし選択を予測するということであれば、全知でなくてもA+Bの選択あるいはBのみの選択を検知する何らかのセンサーをつければ誰でも予測ができる。

    つまり選択すべきはBのみの一択。

    思考の予測となると難しい。そもそも思考=選択が成り立たない場合も考えられる(ヒューマンエラーとかがあるので)。

  19. とっきー says:

    全知の人が結果を完全に予測してそれに従って行動するっていうのが前提条件なんだから、それを疑っても意味ないんじゃないか?

  20. あたしか says:

    ラプラスの魔って感じか。

    ラプラスの魔の話信じると、俺は頑張ろうとしても無駄なのかなって思う。

    でも頑張ったらなんとかなるので、実は違うのかなって思う。頑張るって結果でさえも実は決まってたのかな。

    ラプラスの魔をまともに信じてたら多分ニートになるので、信じないようにしてる

  21. ぷーちんちゃん says:

    全知なのに予測するんだとか思ったけどまあ置いといて……

    仮にさ、仮にだよ? うん。

    自分(私や読んでくれてる人)がその全知ちゃん、挑戦者がFちゃんとその仲間たちだったとしてさ。
    あーだこーだとみんなでこのコメ欄みたいに考えて考えて考えまくって最後の最後にやっと決まってBだけを選んだとするじゃない。
    その言ってた通り「両方選ぶのだとしたらBには何も入れておかない」「Bだけを選ぶのだとしたらそこに100万ドルを入れておく」をするとしました。
    ここまでは決まったこととして扱ってくださいな。(「でもそこで~」とかはなしで、そうなるっていうことで話してるからね)
    まあそれで自分は絶対、Bに100万ドル入れることになるのよね。
    それでFちゃんたちは100万ドル手に入れるのよ。

    全知って多分そういうこと。
    色々な人が言ってる「世界を変える」とか何とかも必要はないはずなのよね。だってどっち選ぶかわかっているんだし。

    ――ここからは私たちはFちゃん側ね。――

    私たちは「AとB両方を選ぶか」「Bだけを選ぶか」のどっちかを選んじゃうのよ。(選ばないっていうのは選択肢として用意されてないからなしでね)
    私たちはどっちかを選ぶ。全知ちゃんは全知だから私たちがどっちを選ぶのかを分かってる。

    そして「どちらを選ぶべきか」だね。ここでは「より多くのお金が手に入るようにしたい」とするわ。(この後にひとつだけ条件を蛇足します。読まなくてもいいかもです)

    最初に持っている情報としては
    【両方選んだら1000ドルか100万1000ドルが手に入る。Bだけを選んだら100万ドルか0ドルが手に入る】よね。
    この時点では結果として100万1000ドルが一番いいからAとBの両方をもらう。
    次の情報として
    【全知ちゃんは「私たちが両方選ぶのだとしたらBには何も入れておかない」「私たちがBだけを選ぶのだとしたらそこに100万ドルを入れておく」ってことをする】よね。
    選択肢としては1000ドルと100万ドルのどっちをもらうかになるの。
    「より多くのお金が手に入るようにしたい」から100万ドルをもらう方を「選ぶべき」なのよ。

    ――ここからは蛇足だから読み飛ばしてもいいよ――

    さっきの条件に「確実に」を入れたらまた考え方は変わると思うの。
    さっきみたいに最初の情報だけで考えると、選択する方は変わらないけれども考え方は少し変わるわね。さっきとは違って「少なくとも1000ドルは確実に手に入る」って考えから「ABの両方を選ぶ」を選択するのよ。
    そんで次の情報を持っていたとしましょう。これも選択する方は変わらないのだけれど「Bだけを選ぶ」と選択すれば確実に100万ドル手に入るわね。やった!

    ――蛇足タイム終了♪――

    全知ちゃんは確かに私たちの選択する方を知っているわ。だからって私たちは無知じゃないの。少なくとも全知ちゃんについて「全知であること」と「全知ちゃんがお金を入れていた(又は入れていなかった)理由」を知っているわ。
    全知ちゃんの情報はそれだけで十分ね。
    「そのこと」と「それを知らなかった時の選択した場合の結果4パターン」が情報としてあればどっちを選べばいいかはわかるはずよ。
    さっきのように「より多くのお金が手に入るようにするにはどちらを選ぶべきか」って問題、そのときみたいに考えれば「Bだけを選ぶ」が正解だってわかるはずよ。
    もしも全知ちゃんについて私たちが全く知らなかったらそれは「AとBの両方を選ぶ」が正解よ。

    これで私の考えはおしまい。質問とか反論とかあったら是非とも下さいな。それは私や皆さんの知識や考えの為にもなりますから全力で返させていただきます。
    その他の感想とかもあったらとっても感謝します。

    ――ここまで読んでくれた人に――

    私のせいでこんな無駄な時間を過ごさせてしまってごめんなさい。そしてここまで読んでくれてありがとうございました。

    あ、もし誤字脱字があったらごめんね。指摘してくれるとありがたいです。

  22. AA4O200 says:

    このパラドックスを日本語で紹介することが誤読の可能性を大きくしていると思われる。

  23. めんへらちゃん says:

    全知の人が自分に対してお金をあげたくないという理由であえて間違った方を選ぶって考えから確実にお金が貰える方を選ぶ
    何か違かったらすまぬ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です